おこづかい・団塊世代の大量退職時代を迎え、資産運用・貯蓄・年金・保険・2007年問題に関する動向など、様々なジャンルの気になる出来事を独自の視点で綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「団塊JOB.com」が就労支援


Webプロデュース会社のアイスリーデザインが運営する「団塊JOB.com」(団塊ジョブドットコム)は、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)とエヌ・ティ・ティ・コム チェオ(NTT Comチェオ)が進める団塊世代向け在宅コールセンタスタッフ「CAVAキャバ)」の増員に協力する。

 「団塊JOB.com」では今回の連携にあたり、サイト内に「団塊・シニアのインターネット活用術」「CAVAスタッフについて」のページを新たに設置した。
(引用:http://www.rbbtoday.com/news/20070312/39522.html

私もコールセンタースタッフに入れてもらっても良いでしょうか?

なんちゃって。。。無理か。

仕事の関係でコンピュータの事はそれなりに詳しいし、まったく知らない人にも根気強く教えたりしていた経験もあったりして、適職かな?なんて思ってしまいました(^_^;)

続きを読む
スポンサーサイト

投資信託の妙+


ハイリスクハイリターン型とローリスクローリターン型を組み合わせて購入する主婦が増加している。もちろんサラリーマンの夫には秘密。このパターンが非常に増えていることがいろいろな銀行方面などで話をしているとわかってきた。

なぜこんな事が起きているのだろうか?そして、どれぐらい儲かっているのだろう?

※以下の内容は極めて小さい母集団、大体50人ぐらいの主婦にヒアリングを行い、十数人の銀行員に聞き取りを行った結果なので、そういうレベルの信頼性だということで読んでください。

まず銀行は一般的に平日に営業している。定期が満期になったときに自動継続でなかった場合、あるいは違う銀行に持っていけば利息が増えるキャンペーンなどの場合、夫名義にしようと思うと本人が来ないと本人確認ができないため、定期預金ができない。夫は会社にいるのでできない。そこで、妻が自分の名義ですることになり、妻名義の預金が増加することになる。家中の定期がすべて妻の名義になっている場合も多々あるそうだ。夫には「これはあなたの分」と言っているが、実際には妻の名義。そうなると1000万から2000万が一人の名義になっているわけだ。複数の銀行に分散していても、500万ぐらいにはなっている。そして大抵の銀行は500万円を超えると、まずはダイレクトメールが来て、そして電話が来る。
「そちらへお伺いしてご説明しましょうか?今度銀行に来たときにご説明しましょうか?」
という感じ。こうやって声をかけられ、「試しにやってみませんか?」というわけで投資信託をすすめられる。

この際、ハイリスク・ハイリターン型とローリスク・ローリターン型を組み合わせてすすめられる。それも、毎月配当型をすすめられる。これがポイント。3ヶ月とか半年ごとの配当ではない。

すると主婦は毎月の給料を引き出す際にその配当金をチェックすることになる。定期の金利と比較すると、1000円とか2000円がつく。そして驚愕することになる。この時点で一体いくらの元本でこれだけの利益が出たのか?と計算をし始めることになる。2000円の配当が毎月あれば年間では2万4000円になる。逆に考えて毎月2万4000円の利息を付けようと思うと定期預金の場合、1000万円ぐらい預けると0.3%の利息で実質2万4000円ぐらいにやっと届く(税引き後)。それなのに、かたや50万円で毎月2000円から来るわけです。そうすると「ひえええええええええええ!」と主婦思う、と(ハイリスク型の場合)。ここで妻は驚いて狂喜乱舞し、そして買い足し。しかし気が小さいので、ハイリスクとローリスクの両端を買うことになる。大体、どれぐらい買っているかというと、自分の毎月のこづかいに足るぐらいの配当を得られるだけの金額を投資信託に回している。それを夫にはもちろんないしょにしている。
(引用:http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20061118_investment_trust/

ううっ!もしかしてうちの妻も同様の事をやっているのだろうか・・・

確かに資産運用を考えたとき、自分の口座なり名義なりが必要になってくるので、流れとしてこうなるのだと思います。

でもちょっと怖くて聞けないかな?

せめてローリスク商品だけにしていてくれている事を願うばかりです。

団塊世代の皆さんも、もしかして奥様名義の口座がいくつかあったりして・・・嬉しいやら悔しいやらですかね。

続きを読む

ブログを始めてみませんか?


会社員時代にはじめた「ネタフル」を月間100万PV超えのメディアに育てあげたコグレマサトさんと、人気ブログ「みたいもん!」「ONEDARI BOYS」で活躍中の“クチコミの伝道師”いしたにまさきさんに、人気ブログをつくるコツを聞いてきました。目指せPV無限大!

今回お話を伺ったのはこの方!コグレマサトさん……ブロガー。インターネットで収集した気になるモノとコトを、ひとまわり拡張して提供し続けるブログ『ネタフル』を運営中。浦和レッズサポーター・ネタフル(http://netafull.net/)いしたにまさきさん……クチコミの伝道師。みたいものを見つめて、日々それをレビューするブログ『みたいもん!』を運営中。2002年メディア芸術祭・特別賞受賞メンバー・みたいもん!(http://mitaimon.cocolog-nifty.com/blog/
人気ブログの作り方を、ズバリ教えます!
 会社のブログで商品をPRしたいマーケッターからアドセンスで稼ぎたい副業ブロガーまで、ブログに関わるすべての人の願いは「自分のブログをもっと目立たせ、多くの人に読んでもらいたい」ということ。 そこで今回は、会社員時代に始めた「ネタフル」を月間100万PV超えのメディアに育てあげたコグレマサトさんと、人気ブログ「みたいもん!」「ONEDARI BOYS」で活躍中の“クチコミの伝道師”いしたにまさきさんに聞いてみました。
(引用:http://news.livedoor.com/article/detail/3113168/

皆さんはブログというものをご存知でしょうか?流石に今や流行語ですから、聞いたことはある人が多いと思います。

ブログ自体を始めるのは、実はとっても簡単なんです。

たぶんパソコン暦、一週間とかの方でも始められます。

しかし、問題なのはブログを始める「目的」、そしてモチベーションの維持なんですよね。

もし今、随時日記を書いている方ならば、それをブログに移行する事できっかけが出来ると思います。

そして色々と知っていくうちに、副業とかにも発展して行くんですねぇ。。。

とりあえず無料なので、一度チャレンジしてみることをお薦めします。

※あっそれから、税金の事もっとよく知りたい方はこちらがお薦めです。
 「手取り収入最大化マニュアル」

続きを読む

主婦のへそくり・・・全国平均は?


へそくり」という言葉、最近ではめっきり聞くこともなくなったが、内職をしたり、出費をおさえるなど家計をやりくりして貯めた内緒のお金のことですよね。部屋の掃除をしていたら徳川埋蔵金のごとくひらひらと・・・と出てきた人もいるとかいないとか(笑)。

 損保ジャパンDIY生命が先日実施したアンケートによると、全国のサラリーマン世帯の主婦500名(20~50代の各代毎125名 平均39.9歳)に聞いたところ、へそくりがある! と答えた約4割の平均額は、なんと241万円というじゃあーりませんか!

 「へそくりありまっせ!」と答えた主婦の中でもっとも多い金額が、100万円~200万円の11.4%。一方で700万円以上と解答した人が全体の3.6%。旦那さんの職業が気になります、って余計なお世話?
(引用:http://news.livedoor.com/article/detail/1668977/

 内職や家計をやりくりして「へそくり」。今も昔も変わらないのですね。

それにしても結構な金額ですね。

でもこれは40歳辺りの話なので、団塊世代になると桁が違うんでしょうね。

いったいいくら位あるんだろう。興味深いです。

続きを読む

パチンコ・パチスロの平和・・・始動!


東証1部上場のパチンコパチスロ機メーカー、平和が、同業で非上場のオリンピアを8月に完全子会社にする。6日に基本合意したことを発表した。
 両社は、1998年に業務提携契約を結んでおり、平和はオリンピアの第3位の大株主だが、パチンコ・パチスロの遊戯人口がピーク時から半減するなど、市場環境が悪化する中、営業と機器開発において、より効率的な補完関係を築くため、完全統合を選択したとしている。
 両社をあわせた売上高は約1300億円となり、業界で5位に浮上する。
(引用:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/manufacturer/47751/

オリンピアを吸収してやっと業界5位なのね。平和ってもっと大きいかと思ってた。

最近めっきり博打はやらなくなりましたが、その昔は相当やったもんです。

娯楽としてカジノほど大金が必要でなく、楽しく遊べるので先輩方の中にもハマっている人が多いと思います。

ちゃんと攻略すれば、それなりのお小遣い稼ぎにもなるしね。

続きを読む
Copyright © 団塊世代の大量退職時代が到来 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。